機能性が最も重要

作業服は着心地が良く安全であることが大切

作業服は汚れやすく過酷な環境で着る衣類なので、頑丈で厚手な作りの物を選ぶ風潮があります。生地の引っかけや危険な薬剤の飛散などのアクシデントを考慮すれば丈夫な作業服を選ぶのも一つの方法ですが、それ以上に体への負担がかからないことも重視することが大切です。外部からの刺激を受けないために頑丈な作りの作業服を選んでも、体の動きを阻害してしまうと却って危険です。動きやすく着心地が良い作業服を選んだ方が俊敏に動くことが出来るので、作業場で危険な目に遭うリスクの大幅な減少に繋がります。体の保護と動きやすさを両立させた高品質の作業服は高額な物が多いので、洗い替えも含めて購入すると出費が嵩んでしまいます。しかし、事故に遭った際の治療費と比較すれば安全で着心地の良い一着を選ぶのは決して無駄な買い物にはなりません。

機能性の良し悪しを決めるポイント

作業服の機能性の良し悪しは用途と服の作りが合致していることが重要なポイントになります。一口に作業服と言っても用途別に求められる機能が異なるので購入の際は注意が必要です。複数の道具を常に持ち歩く必要がある仕事であれば収納スペースであるポケットが多い作業服が最適であり、引っかけによる事故の危険が起こりやすい仕事では逆にポケットが無い作業服が必要になります。そのため、価格やメーカーの知名度だけで安易に即決せず、自分が着用する環境に最も適している作りの一着を選ぶことが大切です。特殊な用途の作業服は店頭では売られていないことが多いので、専門店への問い合わせや工業製品を扱う通販業者を利用するなどの工夫も最適な一着を選ぶための必須事項です。