顧客対応もする場合

ネクタイが合うものが望ましい

顧客が訪問してきたときに作業服のまま対応することもあるという場合には、フォーマルな姿として失礼がないデザインのものを選ぶのが大切です。最低でも襟がついているものにしておいた方が良いでしょう。また、重要な顧客が来たときのことを想定してネクタイを締められるものにしておくのが無難です。ノーネクタイでも良いという考え方が日本のビジネス界でもだんだんと広まってきていますが、フォーマルな現場ではネクタイをするのが依然として重要視されています。作業服のまま迎えるとしてもネクタイを締めるようにし、それがマッチするようなデザインの作業服にしておくと良いでしょう。ネクタイが合う落ち着いたデザインのものもたくさんあるので心配ありません。

機能性を損なわないようにしよう

顧客対応を重視しようと考えていくとだんだんと作業服がスーツに近い仕様になっていってしまいます。日常的に顧客対応をするならスーツに着替えれば良いので、基本的には作業服を着て専門の作業をすることの方が多いと考えた方が良いのも事実です。作業服は現場で担当の作業を行う上で機能性が高く、快適に仕事に従事できるようになっていなければなりません。顧客対応のためのデザインにすることを重視すぎて機能性が失われてしまわないように気をつけましょう。あくまで現場での作業のしやすさを最優先にした上で、業務に差し支えのない範囲でフォーマルでネクタイが合う仕様のものを検討していくと理想に近いものを手に入れられるようになります。

作業着は工場などで仕事をする人が主に着る服の事を示します。名前の通り仕事の作業がしやすい服になっています。