企業にとって従業員に必要な作業服を提供するのは重要なことでしょう。作業服の選び方次第で作業効率も大きな違いを生むことがあるので厳選して提供することが大切です。効果的な選び方のポイントを押さえておきましょう。

作業服に求められる条件

作業服を選ぶときには現場で必要とされている条件を満たすことが大切です。素材や機能を考慮して選ぶことにより作業効率を上げられる可能性があるからですが、どのような観点で選定したら失敗が少ないのでしょうか。

機能性が最も重要

作業服は汚れやすく過酷な環境で着る衣類なので、頑丈で厚手な作りの物を選ぶ風潮があります。生地の引っかけや危険な薬剤の飛散などのアクシデントを考慮すれば丈夫な作業服を選ぶのも一つの方法ですが、それ以…

現場によって要件は異なる

作業服と一言で言っても色々な周囲があり、選ぶ際には自分たちがどのような現場で作業をするのかを踏まえて検討することが大切です。例えば火を取り扱っている現場であれば燃えにくい素材のものを選ぶことが大切…

コストパフォーマンスも考慮が必要

作業服に求める条件は人それぞれの予算や年齢、職業などによって異なりますが、少しでもお得に購入をしたい場合には、コストパフォーマンスを考慮して商品選びをすることが肝心です。最近では、海外で製造された…

作業服選びで押さえておきたいポイントはこの2つ!

作業服を選ぶ際、押さえておくべきなのはデザインと素材です。作業に適した色やデザインを選ぶことが必要ですし、耐久性や着心地といった部分を考慮するには相応しい素材を選ぶことが欠かせません。

作業服を着るシーンに応じた選び方

作業服を選ぶときには従業員がいつ着るのかを考えておくことも大切です。着用するシーンに合わせて選ぶことにより作業服の価値も飛躍的に高まります。シーンごとにどういった選び方をしたら良いのかを把握しておきましょう。

作業中だけしか着ない場合

顧客対応もする場合

外勤が必要になる場合

作業服は種類が多いので選択肢が豊富

体を動かす仕事をしているなら、作業服が適しています。動きやすい上に機能的なデザインですから、効率的に仕事を行うことができます。しかも、作業服は種類が多いので、仕事内容や好みに応じて自由に選べます。デザインはもちろん、サイズや生地など、さまざまな条件にこだわりましょう。ポケットの数やファスナーの位置など、機能性を重視することもポイントです。さらに、夏季や冬季など、各シーズンごとに作業服を用意すれば、一年を通して快適に働けるというメリットがあります。あらかじめサンプルを取り寄せることもできますから、作業服を取り扱っている業者に気軽に問い合わせてみましょう。通信販売を利用して注文することも可能です。

外勤にふさわしい作業服とは

作業服を身につけて現場で働くだけではなく、外勤が必要となる場合があります。そのようなケースに直面した時でも、あわてないで応じることができる作業服を選びましょう。まずは、作業服のデザインにこだわることが大切です。外勤にふさわしいスタイリッシュなデザインを探すことがコツです。さらに、カラーについてこだわることを忘れないようにしましょう。黒や濃紺は上品なイメージがありますので、外勤に適したカラーです。汚れが目立ちにくいというメリットもあるために、色が濃い作業服は重宝されています。ほかに、ベージュやグリーンは爽やかな印象を与えます。企業のイメージアップに繋がります。尚、冬季は防寒性に優れた生地を選ぶことが大事です。外勤中でも、心地よく仕事を行うことができます。